スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--)
    スポンサー広告

    レスベラトロール、アフリカマンゴノキ、ビタミンD3 のサプリ_新商品発売!!

    レスベラトロールアフリカンマンゴノキビタミンD3 などなど、美容と健康を意識した成分を配合したサプリを作りました。

    って、私が製造した訳ではないのですが、、、

    レスベラトロールは葡萄から抽出した高品質のこだわりものです。


    ところでアフリカマンゴノキ(アフリカンマンゴー、アフリカマンゴ)って何でしょね??

    アフリカンマンゴー(Irvingia gabonensis):
    西アフリカ、東南アジアなどに生息する、アフリカマンゴノキ属ニガキ科の樹木。ワイルドマンゴー、ブッシュマンゴー、アーヴィンジアなどと呼ばれています。
    マンゴーに似た果実をつけ、果実は食用に、種子は民間療法に使用されてきました。
    近年、米誌「Lipids in Health and Disease」に、アフリカマンゴーについての興味深い研究が発表されています。
    過体重の男女102人(18~60歳)を対象としたプラセボコントロール試験では、アフリカンマンゴーを10週間摂取したグループで、10.1kgの体重減少、13cmのウエスト減少が見られた他、悪玉コレステロールの減少、血糖値の減少が見られました。
    一方、プラセボグループでは、大きな変化は見られませんでした。また、試験前後での、被験者の食事、運動内容に変更はありませんでした。
    このような研究結果から、アフリカンマンゴーの種子のエキストラクトには、体重減少、コレステロール低下作用、糖尿病のコントロールの改善作用が期待できるとされ、米国では、ダイエットサプリメントの素材として大変注目を浴びています。

    主な効用(機能)は4つ

    (1)食欲を抑える
    食欲をコントロールする(抑える)ホルモン「レプチン」の働きをじゃまするタンパク質を抑える働きがある。太った人は体内の脂肪細胞が肥大化していて、肥大化した脂肪細胞はレプチンと結合するたんぱく質を分泌し、このたんぱく質がレプチンと結合してしまうとレプチンは脳内に入っていけなくなり、食欲のコントロールができなくなります。

    (2)メタボリックシンドロームを予防
    脂肪細胞が、肥大化している時-レプチンと結合するたんぱく質を分泌。
          肥大化していない時-「アディポネクチン」と呼ばれるホルモンを分泌。
    アディポネクチン=インスリンの働きを良くし、血糖値を下げたり、筋肉での脂肪の代謝も良くする。血管も広げる働きがあるため、高血圧や動脈硬化を予防してくれる効果も期待できる。

    (3)脂肪合成を抑える
    脂肪細胞内で血糖分を中性脂肪に変換し、蓄積する働きのある酵素として知られるグリセロール-3-リン酸脱水素酵素(GPDH)を阻害する。

    (4)炭水化物の吸収を抑制
    消化酵素アミラーゼを阻害(糖に分解されない)して糖の吸収量を抑える。血糖値の上昇も抑える。

    -----------
    商品はコチラ

    体の内側から活性化!ハローライフ【レスベラトロールプレミアムボディ】




    スポンサーサイト

    | ホーム | 次のページ>>
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    相互リンクで自動登録Tips サーチエンジンPurple 三ツ星トラフィック運営ブログ相互リンク α相互リンク 相互リンク アポイントコネクト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。