スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--)
    スポンサー広告

    副鼻腔炎に馬油

    鼻の内部の炎症(おそらく副鼻腔炎。医者にそう言われました。)で数件病院に行きましたが、何年も治らず、現在は 馬油 を塗っています。

    鼻の穴が痛い、臭いのある鼻水or鼻くそ、鼻の下の肌荒れ、炎症および腫れ。。。
    鏡で見ると左右の穴の間仕切り部分が荒れてガサガサになっている。
    黄色い固まり(体液の固まりor膿orかさぶたorあかぎれ)が見える。

    何件か病院(耳鼻咽喉科)にも行きましたが、リンデロン的な軟膏(ステロイド入り)と、鼻を触って炎症が酷くならないように、かゆみ止めとか鼻水止めを処方されるのみでした。
    ひどい病院は痛み止め&胃薬も処方されます。痛みの種類(意味)が違うのに、油断するとすぐに痛み止め&胃薬を処方されますね。
    リンデロンは塗った瞬間に痛みは取れるのですが、炎症が治る気配は感じられません。

    医薬品が効かないので、傷に効果抜群の(知る人ぞ知る)植物の成長促進剤「HB-101」を塗っていましたが効果無し。

    ネットで調べたりして馬油に辿り着きました。

    で、渋谷の薬局で尊馬油を980円(ネットより安いです!)で購入し鼻の穴に詰めて上を向いて穴をベトベトにすると、数日でアカギレみたいに凸凹と固まった鼻の穴粘膜にツヤが出てきました。
    ちなみに最後に行った耳鼻咽喉科のおじいちゃん先生に馬油塗ってると言ったら、「うん、馬油はいいね」と言ってました。

    以来、馬油の大ファンです。
    できれば

    「馬油と梅雲丹の研究」
    http://www.bahyu.com/

    に書いてある程の効能があってほしい。
    と思います。

    「馬油でスキンケア」情報です↓
    http://around40maucat.blog71.fc2.com/blog-entry-14.html
    スポンサーサイト

    「日焼け止め」としての「馬油」、調べてみたらNG...

    明日、ビーチに行きます。

    馬油ファンの僕としてはずっと試してみたかった日焼け止めとしての効果を確かめてきます。(←ちょっと調べたら、日焼け止めとしての効果は無いそうです)

    全身ベタベタに塗りたくってみます。

    ホントに効果があるなら、旅行やレジャーの荷物が減り、身軽になった分、幸福感も増すでしょう。

    馬油の色々な効能は「馬油梅雲丹の研究」というサイト
    http://www.bahyu.com/
    にあります。
    そのサイトの 「15 日焼け炎症」 を参考にしました。

    以下↓

    「陽やけも、ひどいのは水泡が出来たりしますし、中程度のものでも、ひりひり痛みます。それを馬油で治すのは、火傷の治療と同じ事ですが、太陽に当る前に肌に摺りこんでおけば、いくら陽焼けしても、色が狐色になるだけで、痛くなったり水ぶくれが出来たりはしません。
    尚、事前に馬油を塗ることによる所謂《油やけ》などはしません。クリーム類と併用する時は、必ず馬油を先に塗って下さい。」

    ビーチで馬油

    朝10時到着目標で葉山のビーチに行きました。

    馬油に紫外線を防ぐ効果は無い」、「日焼け後に塗ると良い」ということは調べて分かりました。

    海でも山でも、僕はUVクリームを塗っても後日困るくらい日焼けします。それはまぁお酒のせいなのですが、遊び始めにクリームを塗る→飲み続ける→泳ぐor汗かく→クリーム落ちる→酔う→色々面倒になる→日焼けするといった具合です。
    そんなズボラな自分用の日焼け対策として今回は「馬油を塗って暫くおいて肌に浸透させてからUVクリーム」というのをやってみました。

    顔、耳、上半身、足に馬油、SPF50のクリームを大雑把に顔、耳、肩に塗り、日陰も日なたも気にせず夜まで歩き回り、泳ぎ、飲み続けました。



    二日後の月曜日でもちょっと疲れが残っています。溝に落ちて怪我した両足が痛々しいです。

    心ゆくまで飲み、遊び、紫外線を浴びたせいでしょう。満足感は高いです。

    日焼けの方は、翌日は背中がちょっとヒリヒリしていました。二日後はちょっと皮膚が突っ張った感じ。鏡で見た限りでは痛そうではありません。変な風に皮が剥けてくると見た目も悪いし部屋にも散らかります。馬油を塗ったら突っ張り感、ヒリヒリも消えました。

    もうまったく問題ナシ!


    遊び始めに一手間かけるだけでこんなに快適に過ごせるとは、大発見です。


    馬油love!
    こんな写真しかなくて、残念。。。

    日焼けに「馬油」_後日談

    背中の日焼け、その後の報告です。

    僕としては、馬油バンザイ!!のハッピーエンドで終わりたかったです。なぜなら、馬油が好きだから。天然で自然で何となくいい感じなので、できればスゴく身体にいい物であって欲しい。万能だったら最高です。

    繰り返しになりますが、まず土曜日に行った海水浴で、朝に馬油を塗り、その上にUVクリームを塗りました。何度も泳いで汗かいて、クリームはかなり落ちていたと思います。

    翌日夜、背中がちょっとヒリヒリ。馬油を塗るとスーッと楽になりました。

    2日目、朝、背中の皮がちょっと突っ張った感じで痒みを感じました。馬油を塗り出社。ちょっと痒みはありますが、見た感じではボロボロと皮が剥けてきたりする気配はありません。夜、風呂上がりに再び馬油塗りました。が、寝るときちょっと痒かったです。
    3日目、朝。同じく痒いです。

    感想:かなり日焼けしたはずですが、この程度で済んで良かった。やはり馬油はいいですね。でも、一日中ビーチで遊ぶなら、もう一度くらいはUVクリーム塗った方がよかったと思います。



    バナーを載せた手前、報告しときますが、彼女が顔に馬油を塗ったらニキビ(吹き出物)が出てきたとのこと。たぶん油分だからかな。合う合わないがあるようですね。
    ちなみにその彼女は自分の汗で荒れるほどの敏感肌です。
    背中のニキビはどうだかわかりませんが、、、



    馬油愛←馬の油を愛する心

    馬油愛を感じるブログ記事を発見したのでトラックバックしてみました。

    馬油はその効果も好きですが、「化学」や「人工」とはかなり離れた存在なので使っていて安心感があると思います。

    私の場合は男で、多少の肌荒れは気にしていないので安心感より満足感があります。
    早起きして、朝食をとり、軽く運動して、云々、、、と同種の満足感、充実した心です。

    もっと馬油を活用したい!感動して感謝したい!!

    と思っても、これまた残念な事に男には使い道が少ないのです。

    昨年秋までは、よく炎症を起こす鼻の穴と、こすりすぎで荒れている鼻の下、なぜか半慢性的な炎症を起こしている左の目頭に、一日2〜4回塗っていました。


    そして冬になり、顔から粉が噴いてきました。
    眉毛からもフケのようなものが出て来て、まつ毛に積もるようになりました。

    今年からの現象です。

    年齢的なものでしょうか。

    入浴時によく洗い、馬油を塗るようにしました。

    面倒といえば面倒なんだけど、カサカサの肌がシットリとしていく様はやはり感動します。


    馬油LOVE!!





    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    相互リンクで自動登録Tips サーチエンジンPurple 三ツ星トラフィック運営ブログ相互リンク α相互リンク 相互リンク アポイントコネクト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。