スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/--(--)
    スポンサー広告

    安定ヨウ素剤の値段

    安定ヨウ素剤がビタコストで安く売っているそうです。

    安定ヨウ素剤はココ

    日本で買うよりもずっと安いと思うので、必要な方はこちらでの購入を検討した方がいいかもしれませんね。

    配送は普通便(DHL Standard International Shipping)だと二週間〜一ヶ月かかるので急ぎの方は特急便(UPS Express International Shipping)の利用をお勧めします。と言いたい所ですが、送料が $6.99→$44.20(重さ、距離によって若干変動します)と跳ね上がるので検討が必要だと思います。

    安定ヨウ素剤、私は全く興味ありませんが、不安につけこんでくる輩もいますので、本当の値段を知っておくのは大切だなと思います。

    <用語>
    potassium iodide = ヨウ化カリウム
    Liquid = 液体
    Tablets = 錠剤
    mcg = マイクログラム(µg) = 1mgの1000分の1、(1mg=1000mcg)

    ---------------------
    安定ヨウ素剤(ヨウ素剤) :  Weblioより抜粋→安定ヨウ素剤の解説

    放射性ではないヨウ素をヨウ化カリウムの形で製剤したもの。 ヨウ素は、甲状腺ホルモンの構成成分として必須の微量元素である。甲状腺にはヨウ素を取込み蓄積し、それを用いてホルモンを合成するという機能があるため、原子力発電所等の事故で環境中に放出された放射性ヨウ素が呼吸や飲食により体内に吸収されると、甲状腺に濃集し、甲状腺組織内で一定期間放射線を放出し続ける。その結果甲状腺障害が起こり、比較的低い線量域では甲状腺がんを、高線量では甲状腺機能低下症を引起こす。これらの障害を防ぐために、放射性ヨウ素を取込む前に甲状腺をヨウ素で飽和しておくのが安定ヨウ素剤服用の目的である。安定ヨウ素剤の効果は投与時期に大きく依存し、放射性ヨウ素吸入直前の投与が最も効果が大きい。また、安定ヨウ素剤は放射性ヨウ素の摂取による内部被ばくの低減に関してのみ効果がある。
    ---------------------
    以下、コチラを参考にしました。

    <放射能への備え>

    日本政府の防災計画は、チェルノブイリ原発事故の規模を想定していません。万が一、破滅的な大事故が起きたときには、想定外となりパニックが起こるかもしれません。したがって、まずは冷静になること。そして、最悪なことに巻き込まれてもなんとかやっていけるという程度の備えが大切です。
     放射能という目に見えないものへの対策としては、できるだけ被曝量を減らすことがなによりも重要となってきます。

    1.速報で知る
    原発の近くに住む人は、防災情報をチェックすること。地震があったときは得に警戒すること。原発の事故の情報は、できるだけ早くに知ること。事故発生時には、放射能雲に包まれるより先に逃げなければ助かりません。

    2.風向きをチェック
    逃げる方向は、原発から遠ざかること。風下へばかり逃げずに風下に向かって直角方向に逃げるのが効率がよいです。

    3.放射能雲が迫っているとき
    屋内に立てこもり、窓を閉める。窓にはガムテープなどで目張りをします。エアコンや換気扇は御法度です。をして気密性を保ちます。濡れたマスク重ねてします。

    4.安定ヨウ素剤の服用
    事前に備えておいた安定ヨウ素剤を飲みます。被曝することが確実に分かっているときには、予防的に服用します。予防的な服用がもっとも確実に発がん性を低下させることにつながります。

    5.食品と水を守る
    事故の情報を聞いたら、すぐに水を確保します。フタをして守ってください。水と保存食は、救援をうけるまで、自分が確保した分しかありません。

    6.雨や雪を避ける
    放射能は、上空に舞っていますが、雨で降下してきます。高濃度放射能が降下しますので、雨に濡れないことが重要です。

    7.知識武装
    政府や自治体の防災情報によく耳を傾けましょう。

    参考文献
    薬剤師会雑誌.38 1986年
    -----------
    <避難命令がでたとき>

    30kmとか50kmとかそれ以上とかの避難地域に指定されてしまって、今居るところから逃げなければならなくなったときに備えてまとめ


    1週間も耐えられれば十分すぎます。通常は2~3日で食糧の炊き出しにありつけますし、避難場所にたどり着くことができます。

    持ち物(一般防災用として)
    ・ラジオ
    ・懐中電灯
    ・水と食糧
    ・応急医薬品
    ・運動靴
    ・筆記用具とメモ用紙
    ・銀行カード
    ・貴重品(しばらく帰宅できない可能性もあります)

    放射能対策として特にに
    ・放射能検知器(ガイガーカウンター)
    ・地図
    ・絆創膏
     (必需!傷口から放射能が入らないように!)
    ・帽子、ストールなどで首から上を隠す(髪の毛に溜まりやすい)
    ・マスクやタオル
     (濡らす→絞って使う、呼吸で放射能が入らないように)
    ・レインコート(安いビニールでOK)
    ・ポリ手袋
    ・ゴミ袋
    ・靴を入れるビニール袋
    ・とろろ昆布
     (原発事故の報道や避難指示のときから食事のたびに食べ続けてください!)
    ・ガムテープ、養生テープ
     (窓のスキマなどをふさぎます)
    スポンサーサイト

    Vitacostでサプリの個人輸入

    Vitacost (ビタコスト)
    http://www.vitacost.com/

    というアメリカのサプリ会社から個人輸入しました。(ちょっと昔の話になってしまいましたが。。。)

    7/27 14:30 発注
    7/28 15:30 発送

    DHLという宅配会社で、安くて遅い配送方法のStandardというので頼みました。 到着まで7-14日とのことなので、遅くて8/11到着予定で8/11に届きました。

    個人輸入は医薬品は普通2ヶ月分までしかできません。が、私は送料がもったいないので4ヶ月分注文の冒険をしました。今回の目的は「レスベラトロール」。60錠入り(2ヶ月分)を違うメーカーで一瓶ずつ注文しました。パッケージがかなり違うので違う物として処理してくれるかなと思ったので。

    (注)後日判明しましたが、サプリ(医薬部外品)は4ヶ月分まで個人輸入可能だそうです。個人的にはそれ以上も可能だと思います。2人分注文する場合というのもあり得る訳ですから。要は、荷物が止められた時、それを審査する人と話ができればいいだけだと思い、調べてみるとどうやら事情を説明する機会というのはありそうです。全て破棄とかされるのを恐れていただけで、よく考えたらそんな訳ないですよね。

    以下、私が発注したもののリスト(メーカー名、サプリ名、内容量など)と値段です。
    下に日本語でまとめてみました。
    ------------------------------
    ①Biotivia Bioforte Resveratrol Bio-Enhanced Trans-Resveratrol -- 250 mg - 60 Capsules:$24.47
    ②NSI Trans-Resveratrol 500 mg of herbal extract yielding 250 mg resveratrol† -- 60 Vegetarian Capsules:$19.99
    ③Nature's Way Alive!® Multi-Vitamin -- 180 Tablets:$21.06
    ④Twinlab L-Lysine -- 500 mg - 100 Capsules:$4.11
    Nature's Answer B-Stress with Herbs -- 60 Vegetarian Capsules:$6.52
    ⑤Cardiovascular Research Placenta (Lyophilized) -- 60 Capsules:$10.50
    ⑥Nature's Answer B-Stress with Herbs -- 60 Vegetarian Capsules:$6.52


    ⑦Subtotal: $86.65
    ⑧Shipping & Handling: $6.99
    ⑨Tax: $0.00
    ⑩Grand Total: $93.64
    -------------------------------
    トランスレスベラトロール250mg/60錠/$24.47
    トランスレスベラトロール250mg/60錠/$19.99
    マルチビタミン/1日量3錠/180錠/$21.06
    ④L-リジン 500 mg/100錠/$4.11
    プラセンタ/60錠/$10.50
    ビタミンB/60錠/$6.52


    ⑦小計:$86.65
    ⑧送料:$6.99
    ⑨税金:0
    ⑩合計支払い額:$93.64

    *感想*
    日本の商品では含有量不足のトランスレスベラトロール、日本の薬局では手に入らないリジンも沢山の選択肢から選ぶ事ができ満足です。送料も安い!遅いですが、それでも魅力的ですね。
    キャンペーンやクーポンサイト経由など、まだまだ奥がありそうです。実は第二回目(親に頼まれた分)の発注を先日済ませ、まだ待っている段階ですが、10/24まで25パーセントオフをやってるので週末、今度は多めに注文するつもりです。

    vitacost_割引きサービス_クーポン使用_☆個人輸入の時にお得です☆

    vitacost(http://www.vitacost.com/)
    でのサプリメントの個人輸入はvitacostのサイトで購入手続きをしますが、様々なキャンペーンや外部サイトによる割引やキャッシュバックのサービスがあります。

    まずvitacost独自のクーポンコード配布によるサービスの案内はメールで来ます。(web siteにも掲載されているようですね)

    クーポンはアルファベット7文字とかで、購入手続き時に入力することによって割引きが適用されます。

    メールは毎日来るのでウザいです。たいていは

    「10% Coupon 24 Hours Only - Eden Foods Products」(←Eden Foodsというサプリ会社の製品は24時間限定で10%割引きですという意味)

    「10% Off Coupon - Garden of Life Sale」(←Garden of Lifeというサプリ会社の製品の10%オフクーポン!という意味)

    「一定金額以上の買い物で送料サービス(アメリカ国内)」

    「一つ買うともう一つサービス(one buy one get)」

    といった感じの限定された商品や会社の特別セールの案内が来ます。
    といっても私の場合は数種類の会社の製品を頼むことが多いので、しかも10%くらいじゃ無理するのも無駄なので、こういったキャンペーンは無視して自分の欲しい商品を欲しいタイミングで注文しようと心に決めていました。

    通販で辛いのは、送料を考えたり、キャンペーン適用の努力をしたり、そんなことがかなり負担になります。そして小さな目的の達成の為の虚しい努力や、時間やお金の無駄も発生します。


    先日来たメール
    ↓ ↓ ↓
    「25% Off Coupon - Fish Oil, Vitamins, CoQ10 & More」(←25%オフのクーポン-フィッシュオイル、ビタミン各種、コエンザイム、などなど)
    その下に更に説明、
    「save 25% on all Vitacost & NSI Products」(←Vitacostのオリジナル製品とNSIというサプリ会社の製品が全て25%オフ!)

    これはかなりお得ですね。

    Vitacostのオリジナル製品はもともと安いですが、ほとんど全ての種類を網羅しています。勝手な推察ですが、客のニーズを反映して企画された商品達だと思っています。

    今回、個人輸入を始めた目的である「トランス-レスベラトロール、一日250mg摂取できる製品」で探すとあまり選択肢は無いようですが、vitacostとNSIの製品はドンピシャ!


    早速注文しました。



    その他、Mr. Rebates (ミスターリベート)というキャシュバックサイトも利用し始めました。
    追って報告しますね。

    vitacost_お得情報_Mr. Rebates(ミスターリベート)☆キャッシュバックのサービスです☆個人輸入の時にお得です

    Vitacost (http://www.vitacost.com/)でサプリメントの個人輸入はvitacostのサイトで購入手続きをしますが、様々なキャンペーンや外部サイトによる割引やキャッシュバックのサービスがあります。

    前回vitacost独自のクーポンコード配布によるサービスの記事を書きました。

    今回はMr. Rebates (ミスターリベート)という外部サイトによるキャッシュバックのサービスです。

    日本のサービスで私が使っている(知っている)のは「ネットマイル」「ライフマイル」「Gポイント」と、あとは航空会社のマイレージサービス経由です。(私は主にスカイマイルです)

    アメリカでキャッシュバックのサービスを提供しているところは多々あると思いますが、私がサクッと検索してサクッと(あまり比較検討せずに)選んだのがMr. Rebates(ミスターリベート)です。

    還元率は買い物するサイトによって変わるとのことです。

    使い方は、Mr. Rebates(ミスターリベート)に登録して、その後はMr. Rebates(ミスターリベート)のweb site経由でvitacostへ行き、買い物するだけです。

    結果は買い物した2日くらい後にメールで報告が来ます。

    vitacostは5%のキャッシュバック、でした。受け取りはオンライン決済サービスのPayPal経由になります。
    PayPalアカウントが必要ですね。私はまだ作っていませんが。。。



    その他、同じ様なサービスは、
    eBay Bucks
    EBATES
    Retail me not

    など、いくつかあるようですが違いは還元率、扱っているサイトの種類、とかかな。

    あと、還元率(リベート)は変更されたり、上限が設けられたりして、よく変更されてるようですね。

    個人輸入用、キャシュバックサイト情報〜vitacostで8%バックとのこと→Extrabux

    ビタコストでの買い物、あまりよく調べずにミスターリベート(Mr. Rebates)というサイト経由で個人輸入をしていました。

    キャシュバック率は5%です。(←ビタコストでの買い物の場合。他での買い物はまた別の率らしいです)
    Paypalで支払われます。



    今日見つけたキャシュバックサイトはextrabux(http://www.extrabux.com/)というところ。

    Extrabux = エクストラバックス、サイトを見るとロゴデザインがExtraとbuxに別れています。
    extra=余分な/おまけ的な、bux=bucks=dollars=ドル ということで、何か意味がありますね。余談ですが。

    vitacostでの買い物にはなんと8%のバックが!こちらもPaypalで支払われるとのことです。
    → vitacost用のページ


    僕は日本での通販にポイントサイト(キャッシュバックサイト?)を使います。

    メインはオリコ(クレジットカード)が提供しているオリコモール(→http://www.orico.co.jp/use/shopping/oricomall.html)経由で、アマゾンや楽天の買い物に使います。(orico Uptyカードを持っていて、スマイルポイントを貯めている為。あまり真剣ではありませんが。。。でもアマゾンでの買い物にポイントが貯まるサービスは少ないと思うので気に入ってます。)
    あとはDELTA航空のスカイマイルを貯めるために「スカイマイル・ショッピング→http://www.skymilesshopping.jp/」経由です。こちらは楽天利用時。

    難点は経由するのにかなりの手間。
    購入予定商品の金額が低い時は面倒なので経由せずにそのまま買ってしまいます。
    あとは、きちんと経由しているのか、ポイントが貯まっているのかが分かりにくいことですね。
    これはホント困ります。
    経由するのが手間なのに、ルールも面倒で(口コミを見ると経由から外れる、連続の購入の場合はもう一度経由しないとだめetc.)、しかも自分の今の状態がわからない。。。

    その点、ミスターリベートは状態がハッキリ表示されています。

    Extrabuxも同様に分かりやすい事を期待して、次回個人輸入の機会に利用してみたいと思います。

    | ホーム | 次のページ>>
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    相互リンクで自動登録Tips サーチエンジンPurple 三ツ星トラフィック運営ブログ相互リンク α相互リンク 相互リンク アポイントコネクト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。